スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
空白~2年と3ヶ月
20060302155156.jpg



ごめん

もう
砂糖は
いれないの

今は





久しぶりに、携帯写真で~。


好みって、変わるんですよね~。
食べ物も、嗜好品も、異性のタイプも、その他モロモロ。。


私は、以前、煙草を好んでたけど、というか、ないと不安だったけど、今はまったく欲しくなくて。
むしろ、煙の匂いが駄目だったりします。
もう、一生、吸わないと思う。

そんな私は、たばこ屋の娘でしたが(笑)


色々と、世話をやいてくれる彼というのは、
とても優しいんだと思うけど。
私、駄目なんですよね。。

砂糖まで入れてあげる彼というものを垣間見たことがあるけど、
ああいうのも、自分には必要なかったりする。

だから、レディーファーストとか、別にいい。
車のドアだって、自分で開けるし。
椅子だって、自分でひくし。

さりげない優しさというのは、とても欲しいけど。

なんて書いてると、自分のわがままさが露見されて、苦笑い。


って、久々追記で長々と何が言いたいかっていうと、これまでの話は全然関係なくて(笑)


どんなに好きでいた人でも、
別れという区切りがついてしまえば、
自分だけは知っているという習慣でさえも
時は変えてしまうかもしれないから、

いつまでも相手を知った気のままでいると、
とんだ寂しさを感じてしまうかもしれないから、
久しぶりに会う好きだった人とは、
懐かしい気持ちを持つくらいにして会うほうが
お互い楽なのかもしれない。


などと、久しぶりに訪れたお店の珈琲を飲みながら
考えたのでした。

スポンサーサイト

テーマ:写真詩 - ジャンル:写真

[2006/03/02 16:13] | | トラックバック(0) | コメント(4)
<<もう少し、 | ホーム | ただ君の>>
コメント
そんな場面、あるよね~。
当たり前のようになっていた相手の感覚やしぐさが変わってしまう事が。
そんな場面に出くわしたら寂しい。
ふと、昔を思い出した5行です。
[2006/03/04 00:28] URL | ゆき #JvQfqRII [ 編集 ]
うぉー、何かグッと来ました。
[2006/03/04 03:25] URL | ショーリ #- [ 編集 ]
昔を思い出しました?
誰にでも、少しはこういう感じ、あると思うから。。

そういう時に、2人の時間がもうないことを知ったりするんですよね。
寂しいけど。
[2006/03/05 00:12] URL | しおん #- [ 編集 ]
ちょっと、刹那な感情というものに挑戦してみたのよ~。
ほんのちょっと触れて、深く刺さるみたいな。
[2006/03/05 00:16] URL | しおん #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kakera.blog4.fc2.com/tb.php/149-476713cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
それぞれのかけら



わたしのコト

sion

  • Author:sion
  • 誰にも言えないまま
    閉じ込めてしまった心。

    ここで見つけてくれたら
    嬉しいです。

    しばらく言葉だけの詩が多くなるかも。

    リンクフリー。

    ***

ブログランキング・にほんブログ村へ

あたらしい言葉

こんな気持ち

コメントありがとう

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

** 携帯からもどうぞ **

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。