スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
真昼の星を数えた
kakera24.jpg


青い空を見上げて
君と無数の夢を語り合った
それは 真昼の星を数えるように
頼りのないものだったけど
あの時の2人には
大切で愛しい時間だった



【LOMO】




あの時があったから、今がある。


kakera23.jpg



ありがとう







上の詩は、昨年の企画展で販売した小さな詩集にのせた詩です。
こちらには載せていないものだから、ちょっと使ってみました。



スポンサーサイト

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

[2007/02/08 23:31] | | トラックバック(0) | コメント(5)
<<きみを好きになったから | ホーム | 素直な気持ちで>>
コメント
真昼の星、
見えないけど確かにそこにあるもの。
ほんときっと素敵な時間だったんだろうな。

今もまだ夢の話は尽きないんでしょう?(#^_^#)
[2007/02/09 02:02] URL | B.S. #- [ 編集 ]
>あの時の2人には
>大切で愛しい時間だった

『愛しい時間』の大切さって、時間がたてば経つほど体中で喜びを感じられるように思います。愛しい時間は二人だけの宝物じゃないでしょうかね。

しおんさん  はじめまして こんにちわ
チェルシーといいます。
すすきの親分みたいな植物、一枚目はなんていうのでしょうね?
これの植物の群生をはじめて目にした時、本当にびっくりしましたよ。なんていったらいいのか?
…その群生のむこう側にね、UFOが着陸してるんじゃなかろうか!…みたいなビックリです!!!

しおんさん  おじゃましました。
[2007/02/09 16:03] URL | チェルシー #wnVGP2ss [ 編集 ]
>>B.S.さんへ
不確かなものでも、大切な人となら見れそうなきがしない?
夢のつづきはまだまだ果てなく。。。^^



>>チェルシーさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね。
時が経つほど大切なものが心に残っていきますね。
ほんと、宝物。

あ、これなんでしょう?
群生は見たことないです。
UFOですか?!
そりゃ、また、すんごい群れだったんでしょうね、親分(笑)

ちなみに私はよくUFOを見ます。
見た後は、電化製品がどれか狂ってしまいます。
って、関係ないですね(笑)

もしよろしかったら、また遊びにいらしてくださいね。
[2007/02/10 00:55] URL | しおん #- [ 編集 ]

夢を語り合える相手がいるということは、
それだけでとても幸福な時間。
それが家族だったり、友人だったり、
酒場で偶然に隣り合わせた人であっても、幸福な時間の共有だと思います(結構多かったりして)。
でも、たとえそれが覚束ない夢であっても、自分の好きな人とお互いの夢を共有できたなら、
本当にそれはきらきらと輝く人生の一場面です。
   「大切で愛しい時間」
きっと誰もが心の奥にしまってる優しい時間なんでしょうね。

しおんさん、初めてのコメントになります。
自分では何度もコメントした気持ちにだけなっていました。でも、実際に言葉にしないと何も伝わらない。当たり前のことなのにゴメンナサイ。

それと、「それぞれのかけら」 リンクさせてください。最初のリンクにと自分で勝手に決めていました。
どうか、これからもよろしくお願いします。
[2007/02/10 13:41] URL | ながれ星 #- [ 編集 ]
>>ながれ星さんへ
コメント、ありがとうございます。
初めて書き込むのってとっても勇気がいりますよね。
嬉しかったです。
いらっしゃいませ♪

何度もコメントした気持ちになって下さってたんですね。
嬉しいな~。
もちろん、コメントを頂くのも励みになるし、届いているのだと実感できるものです。
でも、コメントを気にせずに、感じてくださる気持ちも嬉しいのです。
ありがとうございます。


ながれ星さんのあのページに導かれたのも、何かのご縁だと信じています。
じゃないと、あんな風に偶然は重ならないものでしょ?
本当に驚きましたから(笑)
もちろん、とっても嬉しい驚きでした^^


どうぞ、リンクしてやってください。
とても光栄です。
ありがとう。
母になります(笑)
私もさせてくださいね。


お互いの心に息づく「愛しい時間」を大切にしていきましょうね。
これからもよろしくお願いします。
[2007/02/12 23:45] URL | しおん #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kakera.blog4.fc2.com/tb.php/264-2af526d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
それぞれのかけら



わたしのコト

sion

  • Author:sion
  • 誰にも言えないまま
    閉じ込めてしまった心。

    ここで見つけてくれたら
    嬉しいです。

    しばらく言葉だけの詩が多くなるかも。

    リンクフリー。

    ***

ブログランキング・にほんブログ村へ

あたらしい言葉

こんな気持ち

コメントありがとう

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

** 携帯からもどうぞ **

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。